顔の横幅が広い、大きいひと

顔が広い、顔の余白が多い無くしたい

顔が広いとパーツ中心に集まって、顔の余白がおおく見えます。白人の方は顔幅が狭く、鼻筋や口元が鋭角にとがっているので小顔に見えますが、日本人は平らな顔なので余計広く見えます。
ただ、若い方で頭蓋骨自体とても小さい人が増えているのも現状で、平で幅広の顔の方は悩みますね。
顔幅が広いと髪をアップにすると余計目立ち、小顔に見せる髪型やメイクも陰影をつけなければいけません。
何か根本から小さくする方法がないでしょうか?

顔が広いのは頭蓋骨?

もちろん元々の頭蓋骨が大きい方もいらっしゃいます。ただ骨と皮膚の間に無駄なものあります。それは何でしょうか?
1.表情筋の凝り太り
2.老廃物の浮腫み
3.脂肪や老廃物のしこり
4.凝りでなく筋肉のつき過ぎ

いつ顔幅が広くなったのだろう?

子供時代は身体にくらべ顔は大きいものですが全体的に丸みがるので顔幅だけが広い感じもしません。
10代の時は顔の筋肉が成長期にあるので確かに顔幅もパンっと張っています。
20代から少しづつ輪郭がシャープになる人とさらに顔幅が広がる方がいらっしゃいますね。
昔頭蓋骨が大きそうな人がいましたが、30才ぐらいになって骨は大きいけど輪郭は小さく見える方はどうしてでしょうか?

顔幅が広い原因はなんでしょう

表情筋の凝り過ぎて顔幅が広がったひと

表情筋の凝り過ぎて顔幅が広がった女性デスクワークをされている方はどなたでも横幅が広がる可能性がありますね。
パソコンを無表情でずっと見ていると頭の側頭部の筋肉、頬骨の筋肉、エラの筋肉、横の首の筋肉がそれぞれ凝ってきます。
休日や夜にリフレッシュして凝りを緩めればいいですが忙しくなるとそれどころではありません。
少しづつ側頭部や首や固まって太くなると輪郭の幅もいつのまにか広がっていきますね。なおす >>

ストレスでこめかみが膨らみ顔幅が広い人

ストレスでこめかみが膨らみ顔幅が広い女性表情筋が凝って広がった方とは性質が違います。
気が立っていたり、イライラしたり、緊張しすぎたときに額やこめかみが膨らんでいきます。
膨らんでいるものは筋肉なのですが、顔の圧力も強いのでこめかみの肌が腫れたように膨らんできます。
大体いっしょに血管も浮いているのでわかりやすいですね。
自律神経の亢進し、目つきもきつくなるので入浴後はアイスノンでこめかみを冷やしてください。
自然には治らなくそのままきつい人相になります。

顔の浮腫みで顔幅が広がった人

顔が浮腫みで顔幅が広がった女性顔の浮腫みで全体が広がった人、横幅だけでなく瞼や頬も膨張します。
浮腫みの原因はそれぞれで頭皮が凝り過ぎていると頭皮に循環する水分が頭皮にいかないで顔に溜まってしまう方が多いです。身体は浮腫んでいないのに顔だけ浮腫む方はあてはまるかと思います。
もちろん、お酒の飲みすぎやデトックス不足、運動不足で浮腫む方がいますが、その時は身体もいっしょに浮腫んでいるはずですね。
頭は凝り過ぎて浮腫んでいないので顔が原因だと思いがちですが頭皮を柔らかくすると顔の浮腫みもとれてきます。+デトックスとマッサージもすると完璧です。

「 頬骨 横に出てる 、高いひと 引っ込める矯正方法 」 >

余計顔の横幅を広がった失敗例

表情筋を鍛えた

顔が凝っている状態でリフトアップ体操や引き締めトレーニングをすると余計凝りが酷くなります。緩める体操であれば問題ありません。

ボトックスをうった

余計顔幅は広がりませんが、反対にこめかみや頬がくぼんでいる方がいらっしゃいます。輪郭の横側が凸凹しておかしくなりますね。

しっかりと入浴した

気が上がっていたり、顔が凝っていたりすると顔が火照り、のぼせます。頭に血が上りすぎているのでこめかみが膨らんだりします。ほとほどの入浴でその後アイスノンでこめかみや額を冷やしてください。*冬だけは冷やさないでください

顔の骨を横から押す意味がない

顔の横幅広い、押してはだめ失敗ただただ痛いだけでまったく効果はありません。神経や血管に負担がかかるのでやめてください。
ご自身で無理に押したり、コルギや小顔矯正で無理やり強く押すお店がありますが、痛みが残ったり、炎症が起きて浮腫み余計酷くなった方が来院していますね。
頭蓋骨の隙間を埋めると解説しているサイトがありますが、根拠がないと国の指導が入っています。お気を付けください。

顔の横幅を狭くする方法

鼻呼吸をしてリラックス ★

額やこめかみに力が入り過ぎているのでゆっくりと鼻呼吸してあげましょう。その際は硬いフローリングで行うと力が抜けやすいです。

氷水で顔を冷やす ★

気が上がっている、イライラしている方は頭の体温をさげて自律神経をクールダウンしましょう。血管の浮き出たものもなくなってきます。もちろん冬はやめてください。

頭皮のマッサージ ★★★

頭頂部を念入りにマッサージして力が抜けてきたら、側頭部のハチしたをつむじ側から額側にほぐし、耳の裏生え際、耳の上生え際、もみあげの骨が出ている場所を順に緩めてあげましょう。

顔のマッサージ ★★★

こめかみ上(ほぼハチのある場所)、こめかみ下(骨が出ている上)、頬骨の上(目尻の下)をほぐしてあげましょう。

「 顔の横幅を狭くするマッサージ方法 」 >