瞼が弛む、下垂の原因

老眼になってから急に瞼が下がった人

加齢で瞼が下がってきた女性加齢とともに目が老眼になり近いところが見えなくなります。視力がよいひとは特に近い細かい物を見る際に調整が難しく、目にストレスがかかりますね。
眼球でなく瞼を動かす顔の神経が痺れたり、鈍くなるので瞼を動かす筋肉はやつれてしまいますね。
普段から上を見上げながら鼻の下をしっかりと伸ばして縮んだ眉間やこめかみが緩んでくれます。瞼もふっくらしていきます。なおす >>

看護師さんなど夜勤がある人、寝不足や寝る時間が不定期

寝不足で瞼が弛んできた下がってきた女性夜勤があるお仕事や寝る時間が決まっていない人は表情筋が休まりませんね。
表情筋の筋肉のなかで瞼と頬が一番筋力が弱いので睡眠が浅いと肌が萎んできてしまいます。お休みの時に寝溜めしても意味はありません。
なるべく短いけど質の良い、深い睡眠をとった方が良いですね。入浴はもちろんですが保冷剤などでこめかみや額を少し冷やしてあげると火照りが取れ、副交感神経が働いてくれます。

顔の凝りで肌の水分不足、アトピーや脂漏性皮膚炎が出るひと

顔の凝りで肌が水分不足、目のクマややつれが酷い女性顔が凝っていると肌の下は循環不足になり表側皮膚まで水分が届かなくなります。
肌は自分の顔を守ろうとして、角質化しごわごわ肌になります。
瞼も含めごわごわ肌ですと表情を動かすたびにシワが出来てしまうので目もくぼんでしまいます。
保湿しても顔の中の問題なので効果はすくないです。
お水を多くとっても皮膚まで染み渡りにくいので効果は少ないです。

「 瞼のたるみをなおす 体操とマッサージ方法 」 >




余計瞼が弛んだ、下垂の失敗

瞼のマッサージ

弛んでやつれてしまったので瞼をマッサージする方がいらっしゃいます。ですが瞼自体をマッサージすると余計弛み過ぎてくぼみが深くなります。

メガネの度数を上げた

メガネやコンタクトの度数を上げると対象物が見え過ぎてしまい目に負担がかかります。目に緊張をできるだけ無くしたいので気持ち度数は弱めにした方がいいですね。

太陽光やライトが明る過ぎる

部屋のライトが明る過ぎたり、外出の際の光が眩しいと目に負担がかかります。明る過ぎず暗過ぎない照明やサングラスをしての外出をされた方がいいですね。

瞼の弛みをなおす方法

顔の体操 ★

上を見上げながら鼻の下を伸ばす。顔を縦にストレッチすると瞼に効果的

瞼の引き締め ★★

上瞼をうっすら皮膚をつねりぎゅっと目を閉じる

頭皮のマッサージ ★★★

頭の凝りを取ると眉のストレスが軽減されます。また、瞼でなく眉や額もマッサージされた方がいいですね。

「 瞼のたるみをなおすマッサージ方法 」 >