顔セルライトとは

脂肪の塊が多いひと

脚の裏もものお肉をつまむと肌の表面がボコボコした起伏がみえます。その脂肪のしこりが顔中に溜まっている方がいらっしゃいます。
ニキビ跡のクレーターと間違えやすいですが、ニキビの中身も同じようなものですね。中に溜まった顔セルライトはニキビと違って薬を塗れば治るものでもないですし、潰すこともできないのでとても厄介です。

顔セルライトが多いひとの輪郭

顔セルライトがあるから顔が四角なったり、長くなったりすることはありません。
肌が厚く、凸凹しているので表情を動かすごとに表情シワが出やすいです。普通のシワでしたら保湿やお化粧品を塗ると薄くなりますが中々治りにくいです。
もちろん代謝が悪い人が溜まりやすいのでが、浮腫みが酷い人は老廃物の水分の方が溜まっており塊ではないです。
反対にインナードライ、顔の中が循環不足の方が多いのでくすみが酷く、黒い顔色の方が多いです。

溜まっている場所はどこ?

額やこめかみ、顎まわり広範囲に溜まります。代謝が悪いと身体から遠い場所が多く溜まります。
頭皮や額が多いですが、髪の毛で隠れるので気が付くのが遅くなります。
その次に眉周り、鼻筋、顎先の真ん中にあるパーツです。首の付け根にあるリンパ節から遠い場所なので自力でデトックスできにくいですね。
また、リンパ節から近い頬や喉に溜まっている方は代謝がとても酷い方になります。早く顔セルライトをなくさなければいけませんね。

余計、顔セルライトが酷くなる失敗例

ニキビの薬を塗る、洗顔をしっかりとする

肌が凸凹する顔セルライトが溜まっている女性肌に細かい脂肪がぽつぽつ出てきたりしますが、ニキビの薬を塗り過ぎると肌が乾燥したり、細かみ脂肪は取れたけどガサガサした肌に荒れてきたりします。
また、肌が汚れていると感じて何回も洗顔すると表面の油分がまったくなくなってしまうのでやめてください。
余計肌は乾燥して汚れてしまいます。
原因は肌でなく顔の中の問題です。もちろん保湿や余計な油分は取った方がいいです。なおす >>

顔を温める、熱いお風呂に入る

顔の体温が上がると中のセルライトや毒素が炎症をおこし、ニキビや肌荒れをおこします。アトピーの方と似ていますね。
なので顔に水シャワーをあてて、なんどか顔を冷やしてあげましょう。

顔セルライト、脂肪の塊をなくす方法

デトックス+アイスノンで冷やす ★★★

デトックスはサウナでもいいですし、ホットヨガやよもぎ蒸し、自宅でサウナマスクで汗をかくのでもいいです。
そのかわり顔を氷水やアイスノンで何度も何度も冷やしてください。
*高血圧、高齢、体調悪い人はやめてください。

マッサージ ★★★

効果はありますが難しいです。指をピタッとあてて揺らします。何回か行ったら炎症防止のためアイスノンで押した場所を冷やしましょう。
エラ骨からアゴ先にかけて、目尻下の頬骨から耳にかけての頬骨先、頭のハチつむじから額のハチにかけて、前髪の生え際を念入りにほぐしましょう。
一回づつ冷やすのが面倒な人は、最初と最後、氷水にいっぺんに冷やしてください。その方がしっかりとセルライトが分解されます。
*顔を氷水で冷やすと細胞が活性化し、肌の修復能力が高まります。コラーゲン再生のクライオエステと似ていますね。

「 顔セルライトの消し方、老廃物を取る方法」 >