X脚のゆがみとは

X脚のゆがみ 下半身太りX脚は、膝の内側はつくけど踵は揃わない脚のゆがみを指します。
足を揃えると、膝の内側が強くぶつかります。また歩いている時に、膝どうしがぶつかることがが特徴です。
またX脚は、膝に痛みが出やすいゆがみです。X脚の方は、痛みが出る前に早めのケアをおススメします。

 

X脚のゆがみの状態:

X脚は、太ももの骨が股関節を支点に内側へ閉じるような(膝を閉じる)状態になります。それに伴い、骨盤の横にある大転子は、外側へ倒れこむような形で出っ張ります。
また、膝下の骨は太ももの骨とは反対に内側に倒れます。イメージ的には膝下が漢字の「八」の字のような状態です。X脚をなおす >>

X脚の筋肉の状態:

骨盤・大転子周辺では、外側への張り出しを抑えるために、股関節・お尻の筋肉にストレスがかかり硬くなります。太ももでは、前ももの外側と膝の内側部分が筋肉の緊張により膨らみます。また膝下でも、膝下の外側・ふくらはぎの外側・脛(すね)の部分が大きく膨らみます。

X脚のむくみや脂肪の状態:

X脚は、骨盤の外側・お尻・太ももの前外側に、脂肪がつきます。膝の内側では、まず筋肉が緊張したことで皮膚のたるみが起こり、その部分にむくみが流れこむことで、たるんだ状態になります。
膝下部分では、筋肉が硬くなったことで血流が悪くなり、むくみがたまりパンパンに膨らんだ状態になります。X脚をなおす >>

X脚矯正ストレッチ:

X脚のゆがみ X脚矯正ストレッチ1

両足を肩幅よりやや狭くして平行にひらきます。

しゃがんで足首のアキレス腱側に手を添え、両膝は足の幅と同様にひらいた状態に。

 

 

 

X脚のゆがみ X脚矯正ストレッチ2

お尻を高く上げるように持ち上げ、上半身ちからを抜き膝に顔を近づけます。
両膝がくっ付かないよう開いたままでキープ。膝は伸ばしきらず曲がったままの状態で。
重心が後ろにこないよう、土踏まずやや前側に重心をおきます。(緑点)

 

 

回数:一日3~5回 40秒まで

注:両膝は必ず平行にして、狭まったりつかないようにしてキープして下さい。
ポーズをとってから40秒以内でも、頭に血が上り辛ければ①の状態に戻して下さい。

初めのうちはどうしても膝が付いてしまうかもしれませんが、徐々に膝の外側・裏ももの外側が鍛えられ平行に保てるようになります。
※改善されない場合は、膝関節・骨盤のゆがみが強いと考えられます。X脚をなおす >>

 

x脚治し方、矯正ストレッチとゆがみの原因 >>