骨盤の横幅が広い理由

骨盤の横幅が広い 骨盤の横幅は、普段の姿勢の癖で出っ張ってしまいます。特に内股で立ったり歩いたり座ったりなどの癖は、横幅を広くしてしまう大きな原因です。骨盤が広がったことで骨盤まわりに脂肪がつきやすくなり、骨盤まわりや下半身の体型・シルエットを崩します。
この骨盤の横幅が広くなってしまう事に非常に関係しているのが脚の付け根の骨です。

骨盤の横幅が広い人のゆがみの状態:

付け根の骨が出てしまうのは、骨盤のゆがみに連動した股関節のゆがみ根本的な原因です。骨盤はゆがむと基本的に外側に開き、重心バランスが外側にズレます。骨盤と股関節のバランスを支えるために、太ももの骨(大腿骨)が股関節を中心に、内側に捻れながら外側に倒れる形でゆがみます。それにより、付け根の骨が正常な位置よりも外側に移動してしまったために、出っ張ったような状態になるのです。骨盤のゆがみをなおす >>
また、いろいろなサイトに、付け根の骨を横から押して引っ込めるという体操がありますが、ゆがみの成り立ちから考えると、正直、効果はあまりないかと思います。本来であれば内側に捻れた太ももの位置と骨盤の位置を正しい向きに整えてから行わないと、かえって骨盤をゆがませ、股関節を痛めることになります。整体師の観点から考えると、付け根の骨を押し込む体操はやらない方がいいと思います。

骨盤まわり周辺の筋肉などの状態:

骨盤がゆがみ付け根の骨が出っ張ったことで、骨盤の外側の筋肉がふくらみます。同様に股関節も内側に捻れことで、股関節の前側の筋肉、太ももの付け根の筋肉部分。太ももの骨(大腿骨)が内側に捻れたことで、太ももの前側・外側の筋肉が、突っ張るような状態で硬く膨らみます。
また、股関節を支点に太ももの骨(大腿骨)が内側に捻れたことで、お尻の筋肉、太ももの内側の筋肉(内転筋群)は引き伸ばされた状態になり、筋肉がうまく使えず、代謝は下がり脂肪やむくみがつきます。骨盤のゆがみをなおす >>

骨盤の横幅のなおし方 矯正ストレッチ:

骨盤の横幅 矯正ストレッチ1

 

両足は膝をたて、お尻の幅よりも大きく開きます。

両手を後ろにつき、上半身を支えます。

 

 

 

骨盤の横幅 矯正ストレッチ2

 

両膝を同じ方向に倒します。

この時、下半身を捻るようにすると、行いやすいと思います。

 

 

骨盤の横幅 矯正ストレッチ3

 

上にある膝の上に、下の足の踵をのせます。

背筋を伸ばし、お尻を覗き込むように上体を捻ります。

 

 

回数:30秒 1日に3~5回

股関節が硬い方は、かなり負荷がかかります。
辛いと感じられた時は、無理に③にせず、②の状態で上半身を捻るだけでも十分です。

脚を戻す際に急に戻してしまうと、股関節に負荷がかかり傷める原因になります。脚を戻すときは、腰から下半身を捻るようにしてゆっくりと戻して下さい。

※改善されない場合は、骨盤・股関節のゆがみが強いと考えられます。骨盤のゆがみをなおす >>

骨盤の横幅を狭くする 骨盤引き締め体操

1.脚を肩幅より少し広めに開く
2.体操する側の脚を後に一個分下げ、足の内側の角度が45度位になるように踵を爪先を開いてください
3.反対の脚の膝に向かって踵を近づけるように膝を上げる。そして元の位置に戻すを繰り返し
※この時、出来る限り爪先の角度は45度そのままで。また持ち上げた膝も外に開かないように膝と踵は縦一直線になるように心掛けてください。

回数:10回×1~3セット 1日3回別々の時間で。

この骨盤体操では、骨盤から太もも外側についている大腿筋膜張筋、お尻の奥にある小臀筋や梨状筋などの深層外旋六筋群、内ももについている内転筋が刺激されます。
それにより、骨盤の横幅が狭くなり骨が引っ込みます。またお尻も引き締まりヒップアップされます。

はじめは1セットから始め、徐々にセット数を増やしてください。簡単な体操ですが、骨盤の横とお尻に非常に効果的です。